「The Pictorial Key to the Tarot」

アーサー・エドワード・ウェイトによる「タロットの扉を開ける鍵、図像解釈」

大アルカナから始めよう

ウェイト版の原書をいっしょに読みながら学習してまいりましょう。

こちらの掲載文はかなり荒削りで恐縮です。適宜ご不明な点は会員フォームから具体的にご質問下さい。現在さらなる解説書を作成中。少々お待ち下さい。

「THE PICTORIAL KEY TO THE TAROT」
By Arthur Edward Waite

アーサー・エドワード・ウェイトによる「タロットの扉を開ける鍵、図像解釈」

THE MAGICIAN.「魔術師」

A youthful figure in the robe of a magician, having the countenance of divine Apollo, with smile of confidence and shining eyes. Above his head is the mysterious sign of the Holy Spirit, the sign of life, like an endless cord, forming the figure 8 in a horizontal position . About his waist is a serpent-cincture, the serpent appearing to devour its own tail. This is familiar to most as a conventional symbol of eternity, but here it indicates more especially the eternity of attainment in the spirit.

天の帝王アポロの風貌をした、輝く目を持ち自信の笑みを浮かべた、魔術師のローブを羽織った若い姿です。その頭上には聖霊・生命の証の神秘的な印が、無限を示す紐のような数字の8が寝た形をとっています。腰の辺りには蛇を模った聖帯があり、蛇が自らの尻尾を飲み込んでいるように見えます。これは従来、永遠の象徴として知られていますが、ここでは特に、精神における達成(精神の完成/到達地点)が尽きることのない(不滅の)ものであることを示しています。

 
In the Magician's right hand is a wand raised towards heaven, while the left hand is pointing to the earth. This dual sign is known in very high grades of the Instituted Mysteries; it shews the descent of grace, virtue and light, drawn from things above and derived to things below.

魔術師は右手を挙げ、握った杖で天を指しています。一方左手は地を指しています。この(天地の二点を同時に示す)二重のサインは、神秘主義団体の特に高い階層においては知られており、恵みと徳と光とが、天上から引かれて下へ降りてくることを示します。一貫して示唆されているのは、聖霊の力と賜物を得ること、それに通じることを意味します。 


The suggestion throughout is therefore the possession and communication of the Powers and Gifts of the Spirit. On the table in front of the Magician are the symbols of the four Tarot suits, signifying the elements of natural life, which lie like counters before the adept, and he adapts them as he wills. Beneath are roses and lilies, the flos campi and lilium convallium, changed into garden flowers, to shew the culture of aspiration.

魔術師の前にある台には自然界の4元素を表す四つのタロットスートの象徴が、達人の前に向き合うかのように並んでいます。魔術師はそれらを好きなように操るのです。下にはバラや百合があり、庭の花に変えられた「野の花、谷間の百合」は、向上心による教養を示しています。

 
This card signifies the divine motive in man, reflecting God, the will in the liberation of its union with that which is above. It is also the unity of individual being on all planes, and in a very high sense it is thought, in the fixation thereof.

この札は、神の反映である人間の神聖な原動力と、人間の意志を象徴したもので、人の意志は天上のそれと一体化する開放的な状態にあるのです。それは(個人の意志であっても)、全ての次元における崇高な意味で考えた時には、個々のバラバラなものではなくあらゆる存在の集合体でもあり、普遍的な確固たる意志となるのです。

 
With further reference to what I have called the sign of life and its connexion with the number 8, it may be remembered that Christian Gnosticism speaks of rebirth in Christ as a change "unto the Ogdoad." The mystic number is termed Jerusalem above, the Land flowing with Milk and Honey, the Holy Spirit and the Land of the Lord. According to Martinism, 8 is the number of Christ.

天の帝王アポロの風貌をした、輝く目を持ち自信の笑みを浮かべた、魔術師のローブを羽織った若い姿です。その頭上には聖霊・生命の証の神秘的な印が、無限を示す紐のような数字の8が寝た形をとっています。腰の辺りには蛇を模った聖帯があり、蛇が自らの尻尾を飲み込んでいるように見えます。これは従来、永遠の象徴として知られていますが、ここでは特に、精神における達成(精神の完成/到達地点)が尽きることのない(不滅の)ものであることを示しています。

IIThe High Priestess「女教皇」

She has the lunar crescent at her feet, a horned diadem on her head, with a globe in the middle place, and a large solar cross on her breast. The scroll in her hands is inscribed with the word Tora, signifying the Greater Law, the Secret Law and the second sense of the Word. It is partly covered by her mantle, to shew that some things are implied and some spoken.

She is seated between the white and black pillars--J. and B.--of the mystic Temple, and the veil of the Temple is behind her: it is embroidered with palms and pomegranates. The vestments are flowing and gauzy, and the mantle suggests light--a shimmering radiance. She has been called occult Science on the threshold of the Sanctuary of Isis, but she is really the Secret Church, the House which is of God and man.
She represents also the Second Marriage of the Prince who is no longer of this world; she is the spiritual Bride and Mother, the daughter of the stars and the Higher Garden of Eden. She is, in fine, the Queen of the borrowed light, but this is the light of all. She is the Moon nourished by the milk of the Supernal Mother.

In a manner, she is also the Supernal Mother herself--that is to say, she is the bright reflection. It is in this sense of reflection that her truest and highest name in bolism *is Shekinah--the co-habiting glory. According to Kabalism, there is a Shekinah both above and below. In the superior world it is called Binah, the Supernal Understanding which reflects to the emanations that are beneath. In the lower world it is MaIkuth--that world being, for this purpose, understood as a blessed Kingdom that with which it is made blessed being the Indwelling Glory.
Mystically speaking, the Shekinah is the Spiritual Bride of the just man, and when he reads the Law she gives the Divine meaning. There are some respects in which this card is the highest and holiest of the Greater Arcana.

彼女は三日月を足元に置き、中央に球のついた、角のある王冠を頭にかぶり、胸には大きなソーラー・クロス(太陽の十字架)があります。手に持つ巻物にはTORAという言葉が書いてあり、「大いなる法」「秘密の法」そして福音の二次的な道理(1)を象徴しています。その一部は、彼女のマントで覆われています。これは、暗示された部分と口伝された部分があることを示しています。
(1)福音evangelionの二つ目の意味にあたるものと解釈できます。中には、四つの福音書の内、特別な書物を指しているのか、福音の二資料説のことなのかと考える人もいるのでは。想像の域は広がります。


神秘の神殿の白と黒―BとJ―の柱の間に座り、その神殿のヴェールが後ろに下がっています。ヴェールは椰子とザクロの刺繍がしてあります。衣服はなだらかに波打ち、薄く透けるような素材で、マントはちらちらする輝き―光を示唆しています。彼女はイシスの聖域の境界にある神秘科学であると言われてきましたが、彼女は本当は秘密の教会であり、神と人間の家なのです。
彼女は、既にこの世の者ではない王子の二度目の結婚も意味しています。霊的な花嫁にして母であり、星たちの娘であり、より高い次元のエデンの園なのです。つまり、彼女は、借り物の光(反射光)(2)の女王です。しかし、全ての光は、借り物の光なのです。彼女は、超自然の母即ち「天界の母」(3)の乳によって育てられた月なのです。
(2)月はもともと、太陽の光を反射して輝く衛星でしたね。
(3)Supernal Mother 超自然の母 だけでは解りにくいですが、翻訳家の方が補うと「天界の母」となりました。ある意味では、彼女は「天界の母」その物―つまり、輝ける反射光そのものでもあります。シンボリズム(4)における彼女の最も真なる、至高の名前が「シェキナ」、すなわち「共生する栄光」であるのは、反射光のこのような意味においてです。カバリズムによれば、シェキナは天界、下界のどちらにも存在します。天界において、シェキナはビナー、すなわち、天界の理解と呼ばれます。それは、下への発散に反映されます。下界では、それはマルクトです。すなわち、ここでは、祝福された王国として理解される世界の存在です。それによって、内在する栄光であることが祝福されるのです。神秘学の見地からは、シェキナはの霊的な花嫁です。(4)ボリズム bolism とは、シンボリズムの誤植のようです。 

III The Empress 「女帝」

A stately figure, seated, having rich vestments and royal aspect, as of a daughter of heaven and earth. Her diadem is of twelve stars, gathered in a cluster. The symbol of Venus is on the shield which rests near her.

A field of corn is ripening in front of her, and beyond there is a fall of water. The sceptre which she bears is surmounted by the globe of this world. She is the inferior Garden of Eden, the Earthly Paradise, all that is symbolized by the visible house of man. She is not Regina coeli, but she is still refugium peccatorum, the fruitful mother of thousands.
There are also certain aspects in which she has been correctly described as desire and the wings thereof, as the woman clothed with the sun, as Gloria Mundi and the veil of the Sanctum Sanctorum; but she is not, I may add, the soul that has attained wings, unless all the symbolism is counted up another and unusual way.
She is above all things universal fecundity and the outer sense of the Word. This is obvious, because there is no direct message which has been given to man like that which is borne by woman; but she does not herself carry its interpretation.

In another order of ideas, the card of the Empress signifies the door or gate by which an entrance is obtained into this life, as into the Garden of Venus; and then the way which leads out therefrom, into that which is beyond, is the secret known to the High Priestess: it is communicated by her to the elect. Most old attributions of this card are completely wrong on the symbolism--as, for example, its identification with the Word, Divine Nature, the Triad, and so forth.

豪華な衣装をまとい、気高い様子をして座った威厳のある姿は、天と地の娘のものです。彼女の王冠は、12の星々が集まってできたものです。ヴィーナスの象徴が彼女のそばに置いてあるに刻まれています。


彼女の前には穀物/トウモロコシ(1)畑が実りをつけ、その向こうには滝が流れ落ちています。彼女の持つ笏の上には、この世を表す球、地球が乗っています。彼女はエデンの園の下に属する地上の楽園、人間の目に見える営みが象徴する全てを意味します。彼女は天の女王ではありませんが、それでも罪びとの避難所であり、数千もの実りをもたらす母なのです。
(1)cornは、翻訳家の方によれば、必ずしもトウモロコシではなく、穀物と訳される場合もあるとのこと。彼女の解釈の中には、欲望とその翼、太陽を身にまとう女性、この世の栄華と至聖所のヴェールだとする解釈があります。これは間違ってはいません。しかし、付け加えさせていただくとすれば、あらゆるシンボルについて、別の、通常とは違った解釈をしない限り、彼女は、翼を得た魂ではないということです。彼女が表すものは、何よりも、全宇宙の肥沃さや、福音の外面的な意味(2)です。女性が負っているような、直接、与えられたメッセージが、男性には無いことから、このことは明らかです。しかし、彼女自身が、その解釈を伝えるわけではありません。
(2)福音の意味について、「女教皇」でも話題になりました。福音その物についての深い知識が求められます。青字は、読書会で訳出が難解とされた部分です。その後翻訳家の方が訳して上記のようになりましたが、下記もプロ翻訳家の訳出です。比較しながら、ウェイト博士が何を訴えたいのか等考えてみていただきたい。
「彼女は全てのもの、つまり普遍的な生産性や福音の外面的な意味を超えて存在します。これは、男性に与えられるメッセージの中で女性が発するメッセージほど直接的なものは存在しない、しかも、その解釈は女性自身が持つものではないことを見ても明らかです。」

もう一つの考え方では、女帝のカードは、扉、あるいは門を表しています。ヴィーナスの園へ入るように、その扉、あるいは門を通って、この人生への入場を果たすのです。そして、そこから外へと、すなわち、その先へと通じる道は、女教皇が知っている秘密で、彼女によって、選ばれし者たちに伝えられます。福音や神性、三位一体(3)など、これまで、このカードの属性とされてきたもののほとんどは、そのシンボリズムにおいて、完全に間違っています。


IV The Emperor 「皇帝」

He has a form of the Crux ansata for his sceptre and a globe in his left hand. He is a crowned monarch--commanding, stately, seated on a throne, the arms of which axe fronted by rams' heads. He is executive and realization, the power of this world, here clothed with the highest of its natural attributes.

He is occasionally represented as seated on a cubic stone, which, however, confuses some of the issues. He is the virile power, to which the Empress responds, and in this sense is he who seeks to remove the Veil of Isis; yet she remains virgo intacta.


It should be understood that this card and that of the Empress do not precisely represent the condition of married life, though this state is implied. On the surface, as I have indicated, they stand for mundane royalty, uplifted on the seats of the mighty; but above this there is the suggestion of another presence.
They signify also--and the male figure especially--the higher kingship, occupying the intellectual throne. Hereof is the lordship of thought rather than of the animal world. Both personalities, after their own manner, are "full of strange experience," but theirs is not consciously the wisdom which draws from a higher world.
The Emperor has been described as (a) will in its embodied form, but this is only one of its applications, and (b) as an expression of virtualities contained in the Absolute Being--but this is fantasy.

彼は笏(しゃく)としてアンク十字を持ち、左手に球を持っています。彼は戴冠した王であり、威圧感があり堂々としていて、雄羊の頭が肘掛の前を飾った王座に座っています。彼は実行、実現、現世の権力を表し、現世の当然の成り行きとして最高の衣服をまとっています。

彼はしばしば立方体の石に座った姿として描かれますが、これはいくつかの意味を混乱させます。彼は男性的な力を持ち、これに女帝は応じます。この意味で、彼はイシスのヴェールを外そうとする者ですが、彼女は純潔であり続けます。このカードと女帝のカードは、厳密には結婚生活を象徴するものではないことが理解されるべきですが、その状況は暗示されています。表面的には、ここに述べてきたように、二人は強大な権力の座に引き上げられた現世的な王権を示しますが、さらには別のものが示唆されています。彼らは―特に皇帝の方は―さらに高い王位も象徴し、知性の王座も占めています。ここにあるのは、動物的な世界よりも、思考・精神世界の支配です。両方の人格は、それぞれが独自の「不思議な、豊富な経験」を持ちながら、二人が共有するものは、意識的には、さらに高い世界から引き出した知識ではないのです。

皇帝は(a)その体に具現化された意志として説明されていますが、それは数ある意味の1つに過ぎません。そして(b)絶対的な存在が持つ本質の表れとしても説明されていますが、これは幻想でしょう。

まずはここまで。作者が託したものを小さなパーツから配置からあらゆる要素から読み取り、生かして下さいね。「意味」や「どう読むか」ということをすぐに決定しないこと。判断が早すぎるのも時に問題なのです。じっくり札と向き合い、ご自身の日常生活に役立てて下さいね。

おまけ↓

X Wheel of Fortune「運命の輪」

In this symbol I have again followed the reconstruction of Eliphas Levi, who has furnished several variants. It is legitimate--as I have intimated--to use Egyptian symbolism when this serves our purpose, provided that no theory of origin is implied therein. I have, however, presented Typhon in his serpent form. The symbolism is, of course, not exclusively Egyptian, as the four Living Creatures of Ezekiel occupy the angles of the card, and the wheel itself follows other indications of Levi in respect of Ezekiel's vision, as illustrative of the particular Tarot Key. With the French occultist, and in the design itself, the symbolic picture stands for the perpetual motion of a fluidic universe and for the flux of human life. The Sphinx is the equilibrium therein. The transliteration of Taro as Rota is inscribed on the wheel, counterchanged with the letters of the Divine Name--to shew that Providence is imphed through all. But this is the Divine intention within, and the similar intention without is exemplified by the four Living Creatures. Sometimes the sphinx is represented couchant on a pedestal above, which defrauds the symbolism by stultifying the essential idea of stability amidst movement.
Behind the general notion expressed in the symbol there lies the denial of chance and the fatality which is implied therein. It may be added that, from the days of Levi onward, the occult explanations of this card are--even for occultism itself--of a singularly fatuous kind. It has been said to mean principle, fecundity, virile honour, ruling authority, etc. The findings of common fortune-telling are better than this on their own plane.

このシンボルの中に私は再びエリファス・レヴィの復元をなぞりました。レヴィは異形をいくつか提示しています。私が暗示したように、これが私たちの意図を満たし、何も起源となる説がその中に含まれないのであれば、エジプトのシンボリズムを使うことは理にかなっています。

  しかし、私は彼の蛇の形の中にテュポンを提示しました。エゼキエル書に登場する4種の聖獣が天使と化して札の四隅を占めるので、シンボリズムはもちろんエジプトに限定されることはなく、そして輪その物が聖書内の「エゼキエルの幻視」に従い、特別なタロット・キーの説明として、レヴィのそのほかの指摘にも従います。フランスのオカルティズム信仰者とともに、そしてその絵柄そのものの中に、その象徴的な絵は霊の世界の永遠の動きと人の生命の絶え間ない変化を表します。その中ではスフィンクスは平衡を保っています。Rota=車輪としてのTaroが輪の上に記され、神が全てを通して暗示されていることを示すために神の名前の文字が交錯しています(※1)。

  しかし、これは内側の神の意思であり、外側の同じような意思は4つの生き物により例示されます。ときどき、スフィンクスは上方の台の上にうずくまった姿勢に描かれます。これは運動の最中の安定性の基本的な概念を愚かに見せることにより、シンボリズムを欺くことになるでしょう(※2)。シンボルの中に示された全体の概念の背後には、偶然の否定とその中に暗示された不幸が横たわります。レヴィの時代以降、このカードの神秘的な説明は、オカルティズム自体にとってでさえ、非常に愚かなものとなっていることが付け加えられるかもしれません(※3)。 原理、豊かさ、男性の名誉、支配権などを意味すると言われてきました。これよりは、一般的な占いで分かる程度の内容のほうが、それなりにまだましです。


脚注及び後記
※1  TAROの四字の間に、ヨッド、ヘー、ヴァウ、ヘーの四文字のヘブライ文字が配置されています。これはユダヤ人が崇拝した一者の神「ヤハウェ」であり、ユダヤ人たちは神を畏れ多い対象として、直接「神」とは言いませんでした。「名状し難き者」が即ち「ヤハウェ」、ヘブライ文字四文字で示されることばで、英字に直すと「YHVH」。ここから派生した「カバラ」なるユダヤ神秘思想における戒律「TORA」が彷彿とされます。
※2  スフィンクスではなく、サルのような生き物が四つん這いになった格好で、輪の上部に描かれているタロットの札について、象徴学的には、あまり好ましくないと述べられています。※3


  解釈において、短絡的に「運命的な出来事」「偶然による幸運」などと表現されがちな点があるが、それはまだましなほうだと。根本原理や支配性の獲得などに至れば愚の骨頂だとのことです。この札をどう解釈するか、プロの占師の間で意見が一致するところです。解釈については、お手持ちの「タロット解釈実践事典」を参照のこと。
神の作用、神の意志によるものと、不可視の世界における四種の聖獣が、人の生命の絶え間ない変化を司っているのです。ウェイト博士の場合、輪の八本のホイールに、錬金術記号を記しているのも特徴。頂点に水銀、向かって右に硫黄、左に塩という三元素と、下には銅、宝瓶宮の象徴と溶解を示す記号から、三元素とそれを統合するもの、四つ組の構成ですが、等価的な四要素を一単位で考えるのではなく、等価的な三要素に異なる価値を持ったひとつの要素で一単位とする考え方を採用しているようです。それが、即ち四つのヘブライ文字で表される「神」の詳細。ヨッド、ヘー、ヴァウ、ヘーの中では、「ヘー」の文字が二回登場します。例えばそれは、王と王妃から生まれる王子の元に、血のつながらない王女が嫁ぐという構造。絶え間ない生命の営み、繰り返される生と死と誕生。単なる連続ではなく、より高次なる存在へと変換してゆくこと、宇宙の神秘性の象徴として、古今東西の思想、物語における寓意的な表象です。 


 「The Pictorial Key to the Tarot」の著者アーサー・エドワード・ウェイト博士について 

(敬称は原文のDr.Waite「ウェイト博士」に準じて)

参考URL:Arther Edward Waitehttps://www.adepti.com/adepti.orig/ 現在リンク切れ

1857年、米国で生まれ、アメリカ人の父親は彼が幼い頃死亡しました。英国人の母親の旧姓はエマ・ロベル、夫を亡くしてから、英国に戻りました。ローマカトリック教会に改宗し、息子と娘をカソリック教徒として育てました。さほど裕福ではなかったため、最初ウェイトは、ノースロンドンにある小さな私立学校で、そして13歳からセントチャールズカレッジで学びました。事務員になるため退学して空き時間に詩を書きました。妹の死がきっかけで、心霊研究に興味を持つようになり、21歳から大英博物館で読書にいそしみ、秘教の様々な教えを学んだのです。

30歳近くになって、エイダ・レイクマン(以降「ルカスタ」)と結婚し、娘が生まれました。「ルカスタ」が亡くなった後しばらくして1924年にメアリー・ブロードベント・ショフィールド(ウナ・サラス)と再婚しました。ロンドンあるいは近郊で生涯のほとんどを過ごし、様々な出版社とつながりを持ちました。『知られざる世界(The Unknown World)』という小雑誌の編集をしましたが、独自の著作とそれに伴う研究に没頭していったのです。

大英博物館でマックグレガー・メイザーズに出会ったのですが、(彼にここで会わなかった人がいただろうか? という一文が参考URLに存在しますが、ここを追究してゆくと興味深そうです。ウェイト博士は、彼のことを嫌っていました。
しかし、マックグレガーがモイナと結婚してまもなく、ホーニマン博物館の近くのメイザースの家で、彼と「ルカスタ」はイシス・ウラニアに入会しました。「ルカスタ」は関心を持たず、ウェイトもセカンド・オーダーまで進みませんでした。自分の失敗に幻滅していたのではないかと、周囲の人間は述べています。彼らにより脱会するように強く勧められましたが、1、2年後に友人のロバート・パーマー・トーマスによって戻るように説得されたと、自伝の『命と思考の影』(1938)に書いています。

ウェイトは常に「神秘への道(The Path of the Mystic)」に傾倒しており、オカルト信者の信念とは異なると考えたため、メイザースとそりが合わず、元の「黄金の夜明け」団の雰囲気に溶け込めませんでした。分裂後、イシスー・ウラニアはべリッジ博士の率いる(元の教えに)忠実なイシス・テンプル派と、ステラ・マチューティナ率いる反体制派に分かれ、そこからウェイトが率いる漠然とした「黄金の夜明け」団が生まれました。

この時期にウェイトは慎重な行動をとって、メイソンになりました。以前、グランドロッジの有力者が彼の研究に不快感を示したことがあったからでしょう。
「神秘への道」とはつまりカバラにおける求道。ウェイト博士はクリスチャンでありましたが、敬虔なクリスチャンではなかった模様。


黄金の夜明け団に及ぼしたウェイトの最も永く続いている影響は、彼の指導のもとで製造されたタロットでしょう。これは芸術家肌の敬虔な信者のパメラ・コールマン・スミスがウォルター・クレーンのスタイルを用いて制作したもので、デザインは「黄金の夜明け」団の解釈に基づいたものなので、クレーンのスタイルに完全に忠実なデザインではありませんが、今ではアール・ヌーヴォーの時代がかった雰囲気がある、という評価を受けているようです。

しかしながら、彼が綴った詩につていは、「安っぽい」という野暮な形容詞が頭に浮かぶ、などと、いささかお粗末な評価もされております。「Dead Weight (自力で動けない者の意)」という死亡記事に、それが現れているとのことです。つまり、重量のウェイト(WeightとWaite)が引っ掛けてある)という冷やかしです。

A.E.ウェイトの話し方

ユーモアたっぷりの「キング・スウォード」(訳注:ペンネーム?)がアルト・マジック・ニュースグループに載せた、「アーサー・エドワード・ウェイトを理解するために」という一節があります。
普通の英語:「少年が歩いて店に行き、食パンを買いました。」
ウェイト:「ある時、とある場所で、少なくともこの話については信頼を置いてもいいと考えられる情報筋によると、たぶん成年になっていない一人の男性 (このように説明すれば、十分でしょう)、ぶらぶらと、食料を調達できると思われる商業的施設へと赴き、そこに着いて、金額は明らかにされていないが、通常の焼いた食品、一塊という言葉から察するに確認はできていないけれども、食パンを、さらにすべての実地的見地から、その用事のありきたりの性質と、他には交通手段として補助的運搬手段の説明がなかったことから、若年者に見合った限られた財政的配分から一斤購入したと思われますが、これ以上のことについては、数少ない事実に基づいて特定の結論を出すのは軽率といえるでしょう。」

うーん、、ここまで書くとすれば、、これはひとつの才能かと!

2006/01更新


ウェイト博士、神智学、人智学との関わり

1910年頃、ウェイトは短期間「聖黄金の夜明け」団の会員だった女性秘書兼家政婦とペニーウェーン ロードのアールズコートに住みます。その秘書兼家政婦のモットーは、いみじくもVigilate(訳注:Be watchful、 ラテン語で「用心深くあれ」の意)だった、という話を聞きました。(実際はランド夫人という名前ですがイシス ・ウラニアの会員だったためオーダー名で確認できます)。

彼女は何から何まで、彼の世話をしました。この情報提供者の両親はケンシングトンに住み、熱心な会員でし たが、ウェイトたちはその両親と一緒に、大体3週間ごとに昼食を食べに来たそうです。ウェイトはぼんやりした 様子で、「Vigilate、私はからしが好きかな?」と聞き、彼女が答を教えなければならなかったそうです。(多分 最初の妻がまだ生きていたため、彼らの関係は家庭内不和を埋めるようなものだったと思われます。)

ウェイトの団体はH.コリソンのスタジオ(クレアヴィルグローブ27)で集合したのですが、奇妙なことに、 ここは後年クエストソサエティ(そしてモイナのA.O.ロッジ)が集会した場所です。ルドルフ・スタイナーが 1912年にロンドンに来た時、情報提供者の両親、コリソン、ほか約5人が、人智学が「黄金の夜明け」に取って 代わると信じ、ウェイトの元を離れました。しかしこのうちの何人かは後でフェルキンのメルリンロッジへ戻っ てきました。

ゴールデン・ドーン/黄金の夜明け団に及ぼしたウェイトの影響は、彼の自伝『命と思考の影(Shadows of Life and Thought)』(1938)にも表されているが、事実的な信頼性はありません。著書の年代としては、 『The Mysteries of Magic』 (1885)、から『The Life of Louis-Claude de Saint-Martin』(1939)までの幅が あります。

超越論的なものに関する膨大な数の本を次々と生み出し、他の作者が似たテーマについて書いた本の編集にも 携わり、彼自身の詩にもこだわりました。私の考えでは、彼の詩は全く価値のないもので、「安っぽい」という 野暮な形容詞が頭に浮かびます。

「Dead Weight」(訳注:自力で動けない者の意。ウェイト(WeightとWaite)が引っ掛けてある)という 冷やかしの死亡記事にも見られるように、『The Equinox』のほとんどの号で、クローリーは容赦なくウェイト の退屈でゆがんだ散文詩をもじっています。ウェイトのスタイルがあまりにくどく、論点にとらえどころがな いので、私としてはとにかく読み辛く、公平に彼の学識を評価できません。(本の題名にはいつも興味をそそ られますが、それだけがいい点なのです。) しかし彼ののんびりした長たらしさも、スピードを追い求める 時代には救いになるかもしれませんし、学者ぶったずるさでさえ魅力になる時がきているのかもしれません。

「Pictorial Key to the Tarot」他、回りくどく難解な博士の文体への痛烈な皮肉。
どこでもウェイト博士の文書は読み辛いと言われます。当たり前と言えば、当たり前の ことかと思われますが。多くの文書についてのテーマが、シンボルや象徴についてなのです。札一枚取り上げて 、ホワイトボードにこれが象徴することは、と文字で書き記すこと自体が、そもそも本末転倒的な行為であって、 絵柄と図形と数と色彩とによる表象を司る博士であるのがウェイト博士であるわけですから。

2006/02/28更新